活イカの梅乃葉!萩・津和野グルメドライブ旅行で人気の山口県萩市須佐の飲食店お問合せ | ショッピング

緋扇貝(ヒオウギガイ)解禁

須佐産「緋扇貝」が解禁しています。

緋扇貝は、帆立貝によく似た2枚貝で、
その色がカラフルなことで知られており、
隠岐や長崎・瀬戸内等いろんな所が名産地となっています。
 
育てているんですが、養殖という表現はあてはまりません。
餌付けするわけではありませんから。

ほったらかしなんです。
カゴに入れて、海中にぶら下げておくだけのことなんです。

海中の栄養分(陸地から河川を経て流れでてくる栄養分)が豊富で、
尚且つ海に適度な流れもあって水質が綺麗であること。
海は綺麗でも海流が早過ぎて陸からの栄養分が乏しいところではあまり育ちません。

とどのつまり環境に左右されるんです。

流れの強い日本海では2枚貝が育つ環境というのは限られています。
 

なぜ、須佐湾が緋扇貝の生育に適しているのか


もともと、過去に真珠の養殖をしていたなどの実績があるように、
須佐湾は陸からの栄養が豊富で、天然の貝類も豊富。
二枚貝・緋扇貝も普通に自生している環境です。


それに加えて、港湾開発から取り残された過疎地です。(エッヘン!)
浜田や長門等、大型の船の往来もなく、工業地帯も周辺にありません。
水質検査でも高水準(水産事務所調査)の環境です。

と、いうわけで、若手漁師達によって取り組まれているのですが、
年々少しづつ出荷量を上げてゆき、このたび成長したのものが解禁となりました。

帆立貝より濃厚で、甘い身は加熱すると更に美味です。

緋扇貝の蒸し煮

うちでは、蒸し焼きにします。
浜焼きもやりたいところなんですが、(炭火もあるし・・・)
二枚貝を焼くのはちょっとコツがいるんですよ。(ほっとくと失敗しやすいですしね。)

貝から出る汁を野菜に移して食べれるように、
野菜と一緒に酒蒸しです。

美味いですよ!絶賛提供中です!

必殺wゴールデンウィーク?!活き緋扇貝を楽しむ!!

必殺wシリ〜ズ?「緋扇貝」

須佐産「緋扇貝」再入荷です!

とうとう出ました。須佐湾で育った緋扇貝(ひおうぎかい)の再入荷です。
須佐産緋扇貝?
色とりどり5色くらいあります。
須佐産緋扇貝?
口が開いてるのは活きているからです。

いやあ〜、本当に待ちました。なかなか再出荷できない事情も良くわかっていましたので、本当にこの再出荷は嬉しい限りです。若手漁師の努力の結晶です。

須佐湾の底力

緋扇貝は、最近は特に全国的にも流通し始めていますので、見られた方も多いかと思いますが、これら二枚貝は海中の栄養のみで育つんです。ですから、海が綺麗で、尚且つ栄養の豊富な海でしか育てられないんです。その育った海の味なんです。

日本海は潮の流れが厳しく身のしまった魚介類となることは良く知られています。だから、魚介類が瀬戸内などの潮の流れのゆるい海のものより美味いんです。

ただ、これがあだとなり、陸から流れる海中の栄養も潮で流されてしまい、なかなか二枚貝というのは育たないんです。ただ、須佐湾のように入り組んだ湾内でしたらその限りではなく、山からの栄養と潮の流れを合わせ持っていますし、何より田舎なんで(笑)大型船の港への出入りや工場などが無く、海が抜群に綺麗なんです。
天然の良港「須佐湾」

そんな海で育っているのが須佐産の緋扇貝なんです。もともと、須佐湾では昔から緋扇貝が自生していて、網で海底を引っ張ればよく見かけたそうです。一昔前には、真珠の養殖もしていた時もあり、須佐湾はもともとそういう貝を育てる環境としてはうってつけのところだったんです。

帆立貝より美味い!?

いやあ、しかし美味いですよこの貝!甘いのなんの、ひもや肝まで最高ですね。前回入荷した時に、これでもかっていうくらい試作や料理を作り、入荷が切れた後でも、活き帆立貝で様々検証してきました。どうやってお客様に手軽に活きている緋扇貝の魅力を堪能してもらえるかを考えながら、再入荷のこの日を待っていたんです。
正直、活きた帆立貝を入荷して試したのはその味わいを比較するためでもあります。
正直、帆立貝よりも美味いです。緋扇貝を食べると、帆立貝が大味に感じます。
ただ、種としての違いというより最早大量生産のための・繰り返される過密肥育環境というか一般的な帆立貝生産体制が原因のような気も・・・・・・。地鶏とブロイラーの違いと言えば言いすぎですが、そんな要素もあるのではと個人的には思います。

ゴールデンウィークやります!

で、既にお店では提供し始めていますが、緋扇貝ゴールデンウィークも出します。
緋扇貝陶板焼き
緋扇貝の陶板焼き
その場で活きている緋扇貝を野菜と一緒に蒸し焼きにして、自家製柚子ポンで召し上がって頂くというものですが、もちろんそのままでも食べれます。バター焼きや網焼きも美味いのですが、緋扇貝の美味さを閉じ込めつつ手軽にその場で楽しめるスタイルとなっています。甘い旨味の汁を逃がさず野菜(相性のいいキャベツや木の子)に移し楽しめます。
そして何よりカラフルな貝殻は食後お持ち帰り下さい。お子さんの食事記念には受けています。何か工作の素材にして頂くこともできますよ。

必殺wゴールデンウィーク「限定★海の幸」

すみません、今年のGWの活イカは不漁で期待できそうもありませんが、その代わりなかなか食べれない秀逸な活き素材が揃っています。
?先ずは活きウニ
kurouni01
北浦のうには最高ですが、
活きたウニを食べたことがありますか?
明礬や板の臭いの付いたウニでなく、活きた生ウニです
この身の付きは最高の状態です。漁期の関係からこのウニが出せるのはゴールデンウィークまでです。連休中充分な量を入荷予定です。是非、ご堪能下さい。

?そして活き緋扇貝
緋扇貝陶板焼き?

須佐産の緋扇貝は、若手漁師の努力の結晶です。これも、どんどん売ってくれと漁師から御願いされていますので、安定供給体制が確認できるまで(いつだろう?w)安価に設定していますが、いつまで入荷が可能かはわかりません。是非、この機会にどうぞ!

?須佐産「もずく」
この時期の定番、細くて味わい深い須佐のもずくを提供しています。もずくが沖縄のものだと信じている人が世の中多過ぎです(笑)←ホント。須佐産のもずくを食べてみてください。細くて味わいの濃いもずくに魅了されますよ!
もずく生姜酢味噌和え

実は梅乃葉の伝統の味なのが、このもずくです。梅乃葉ではこのもずくを自家製の生姜酢味噌で召し上がって頂くのですが、これが美味い!もずくが苦手の方でも食べれるので是非、一度召し上がってください。

?漁師に御願いしてあります・・・・あの海の幸
須佐の磯
須佐の磯

時間があれば獲れるということなので、御願いしてあります。この時期だけの磯の味。知っている方にはたまらない、あの磯の味を提供予定です。入荷がありましたら、又アップいたします。


と、活イカがなくとも(スミマセン)今年のゴールデンウィークは必殺wです!

| 1/1PAGES |