活イカの梅乃葉!萩・津和野グルメドライブ旅行で人気の山口県萩市須佐の飲食店お問合せ | ショッピング

お!おおおお・・・・・・Jane,(ジェーン)2009冬号にて

 

マガジンハウス・ムック
「Jane,」(ジェーン)冬号

jane,

マガジンハウスの雑誌「Tarzan」(ターザン)はご存知の方も多いと思いますが、その女性版とも言うべき、「スポーツ好きの女子に発信する新スタイルマガジン」がジェーンです。

今回は、ランニングが特集されたものですが、おしゃれにランニングする女性が最近多いと、どこかの情報番組で知っていましたが・・・・、あらためて見ると、なるほどライフスタイルとしてかっこいいですよね。。。

お!おおおおお・・・載ってる!


それはさておき、そのジェーンに、当店の商品がなんと掲載されています!
最後のページに、

「Jane’s best 5」
----パワーチャージおにぎり編にて、
BlogPaint

滑り込むような位置づけですが(笑)
なんとか掲載されています!

そもそも、この5品の中に選ばれていることも奇跡というか恐縮なんですが、
又も、雲の上の師匠「石亭」のとこの「あなごめし うえの」の「穴子の黒米寿司」と並んじゃっています。(申し訳ありません。。。。)

で、3名の審査員のコメントにて、
「玄米と剣先イカのつぶ感がいいですね」
「イカの臭みはないのに、旨味は十分染みています」
「でも、上品なお味で食べ過ぎちゃうから、ヘルシー度は低いかも、なんて」

とのことでした。(笑)アリガトウゴザイマス。



又も、全国誌に取り上げられたことも、ヘルシーな料理として紹介されたことも、ありがたい話ですが、同じカテゴリーの秀逸な商品を並べてくれているだけで、前回の、ブルータスのお取り寄せグランプリ特集の時もですが、実はうちにとってすっごい勉強になっています。

人から評価される商品造り・こだわり・・・・う〜ん、凄いですね。

得がたい機会を本当にありがとうございました。


余談ですが、今回一番気にかかっているのが、審査員の1人銀座のフレンチ「マルディ グラ」のオーナーシェフの和知さんが、ジム通いで20kg痩せたと書いてある・・・・・・・・・・


20kgっすか!




凄い。
先ずはそこから真似したいwwww。


う〜ん・・・・トライアングル11月号にて

JUGEMテーマ:グルメ
 

とりあえず、出ております。。。。

 トライアングル200911

中ほどの海鮮丼特集にて、
当店人気の「須佐の漁師のまかない丼」が掲載されております。
(ありがとうございます)
BlogPaint

↑ちょっとね・・・・葱多すぎww
撮影当時、つい撮影というのを忘れておりまして、自分の嗜好に合わせて葱盛りにしてしまいました。。。


具、見えねーじゃん


ねえ。。。。。。


不満

何度も書いていますが、
うちのまかない丼って、一般的なよそ様の海鮮丼を食べてて不満に思うことをなんとか解消したくて試行錯誤したものです。
特に、見た目のために、お客様側が醤油を自分で掛けなければならないというのが、どうにも腑に落ちないというか・・・・

・それで想定する味になるのか?

・掛けすぎて、最後のご飯が醤油辛くて食べれなくならない?

・テーブルの生醤油でいいの?

という点がいつも引っかかっていました。

で、うちは既にまぶすようにしているんです。
浅ヅケ丼てな感じです。
もちろん、たれは独自に創意工夫し、時間をかけたものです。


と、撮影時のミスをなんだかんだ言い訳していますが・・・、
味は、お客様の人気ぶりの通り絶妙です!是非、お越しください。
ご来店お待ちしております。

免許証返納者サポート協賛店になりました。

運転免許証を自主返納する高齢者に対する支援制度

65歳以上の高齢者の方が運転免許証を自主的に返納すると、
運転卒業証』と『運転卒業者サポート手帳』が交付されます。
そして、その返納された方を支援するための様々なサービスや割引など(サポート・支援内容)を、
県内各地の企業や事業所が行います。
 
で、梅乃葉もこのたび、そのサービスを提供するお店として、警察署と協定を結びました。

免許返納サポート店認定.jpg
山口新聞2009年02月28日版


2009年2月27日、萩市田万川の江崎交番(←っていうのかな?)警察署で、
認定式みたいなものがありました。
 
梅乃葉は、サポート手帳を見せると「食後のソフトドリンク無料になります。
萩地域は、まだまだ少ないのですが、(理由はわかりません??)
まあ、おいおい増えていくことでしょう。
 
ともかく、こういった社会的な支援・協力にお声がかかることだけでも光栄です。

山口新聞と萩ケーブルさんの取材もありました。


高齢者の免許証返納といっても、田舎ではおじいちゃんバリバリ運転してますからね。
足がなくなっては、かなわんでしょうし、65歳ってまだまだ若いですよね。
地元ではまだまだ返納者はいないでしょうけど、

山陽側でしたら、足の不便もないし、返納者の方も増えるのかなと思われます。
あ、ただ梅乃葉に来る足がないですね・・・・・・・(笑)

FM山口「ザ・ムーブマン The mouVemet」で紹介。。剣先イカのイカ飯

本日、2月22日(日)ラジオ局のFM山口さんの「ザ・ムーブマン The mouVemet」18:30〜のコナーにて、 先日タウン情報Yamaguchiさんから取材を受けたうちの「剣先イカのイカ飯」 漁師伝承の味イカ飯
が、紹介されます。
 
イカ飯については、先日のイカ飯の記事にも書いてある通り、 剣先イカのイカ飯は、素材の違いがはっきりでる普通に出回っているスルメイカや外国産のイカ飯とは、まったく違います!
 
 
先ず、決定的なのはほぐれるような柔らかさ、イカの旨味に驚くでしょう。
 
どす黒く醤油色に染めてゴムのように噛めなくなったイカ飯を、安いからと言って業界標準とする常識は、そろそろやめましょう。
 
ラジオで紹介してくれるって聞いたから、今書いていますが、一瞬かもしれません(笑)
 
やすべえさん。宜しくお願いします。
 
又、ラジオ録音できるよーって方いましたら、お願いします。
我が家にはなぜだかラジオが無いのです。
 
「とってやったぞ〜」とMP3をメール添付して送って下さいませ。

トライアングル25th記念メニュー「黒米入り発芽玄米もちのお汁粉」

「トライアングル」25周年

25th記念・特別メニュー

月刊山口県タウン情報トライアングル昨年末に山口県のタウン情報誌「トライアングル」さんが取材で来られました。
25周年記念なんだそうで、(おめでとうございます)その25th企画で特別メニューを出さないかということでしたので、うちらしいものをと考えててまして、↓こんなものにしました。


黒米入り「発芽玄米もち」のお汁粉

テーマが「ヘルシーメニュー」ということでした。
多分、食事系のメニューを想定されていた担当者様を裏切ったかもしれませんが・・・(スミマセン)、
寒い時期の企画でしたので、嗜好的なこじゃれたメニューにするより、できるだけ多くの人に受け入れられる、ほっとするようなスローフード的なものがいいと最初から考えていて「お汁粉」に行き着いたのです。

黒米入りの発芽玄米もちは、以前にも作ってましたので、その味にあわせた一工夫をお汁粉にしてみました。

とりあえず、小豆は地元のものを手に入れ、水は全てアルカリイオン水(餅もこの水ですが、豆には特にいいですね)です。
一工夫といっても、余計なものをお汁粉に入れるとか、調理法を変えるとかではなく、お砂糖をいじってみました。

お砂糖

マクロビ的に考えれば、黒砂糖や水飴とか麦芽糖なんかだけで作っちゃうというのもありだったんですが・・・・、

基本的な味が「お汁粉」からはみ出したくなかったのと、気軽に家庭でできるレシピでやりたくなった(←いや、なんか急にそう思いまして)こともあり、3種類のお砂糖を使うことでより美味しくなり、糖分をほんの少し抑えることができました。

上白糖・三温糖・黒砂糖を同割りで加えるだけです。
後の作り方は、昔ながらのお汁粉と一緒です。

個人的にマクロビや玄米菜食の思想もメニューもお店も大好きなんですが、ストイックなマクロビオティックの妄信行為に対しては懐疑的ですので(食文化として楽しくなさそうだからなんですが)、上白糖も使っちゃいます。

もちろん、色々なパターンというか配合も試行してみましたが、
お汁粉はお汁粉の味が一番落ち着くので。


黒米入り発芽玄米餅のお汁粉2月いっぱいの限定メニューです。


| 1/1PAGES |